サウンディング
スウェーデン式サウンディング試験
簡易に地盤の硬軟を調べます。
左図の試験器具を用いて地盤の硬軟を調べます。
ボーリング調査を補完する目的で使用することが多いです。
N値30程度まで測定できますが、礫等の混入が多い場合には試験不能となります。
鉄建式動的コーン貫入試験
地盤にコーンを動的に貫入し、Nd値を測定します。深部になると周面摩擦が影響し、Nd値が大きく測定されます。
オートマチックラムサウンディング
地盤にコーンを動的に貫入し、Nd値を測定します。 自動連続貫入が可能であり、貫入量20cm毎の打撃回数を測定します。
トルクの測定を行い周面摩擦の影響を補正します。
簡易貫入試験
急傾斜地,地すべり地において使用します。地すべり地等の不安定土塊(すべり層)の層厚を調べるために用います。
質量5kgのハンマーを50cm自由落下させ、先端コーンが10cm貫入するのに要する回数(Nc値)を測定します。
その他のサウウンディング
静的に貫入するサウウンディングとして、以下の手法があります。主に軟弱地盤で使用します。
オランダ式コーン貫入試験(2t,10t)
ポータブルコーン貫入試験(単管,二重管)
物理探査
弾性波探査
人工的に発生させた弾性波(P波,S波)を用いて地下構造を推定する方法です。
測定機器 スタッキングによる起震状況
レイリー波探査
表面波のうちレイリー波を観測し、その分散性を利用して地盤構造、特にS波速度の深さ方向の分布を推定します。
測定機器 調査状況(舗装面で測定可能,車輌が走行中でも観測可能)
その他の物理探査
電気探査,音波探査など
土質試験
物理試験


化学試験


透水・圧密試験

せん断試験

安定化試験
土粒子の密度試験,粒度試験,含水比試験,液・塑性限界試験など

pH試験,六価クロム溶出試験,土質溶出試験(重金属)の試験にも対応できます。

透水試験(定水位,変水位),圧密試験(標準,高圧)

湿潤密度測定,一軸圧縮試験,三軸圧縮試験(各条件)

締固め試験,CBR試験,配合試験

TOPページへ 前ページへ 次ページへ